少子化と不動産

少子化が進む不動産の行方

日本の賃貸物件における空室の数は、4,092,500戸あると言われています。空室率でいえば 全国平均は18.7%になります。少子化が進み人口と賃貸住宅数のバランスはさらに崩れていくころが予想されます。今後はますます選ばれる部屋と選ばれない部屋の二極化が進むことが考えられますが、今の段階からお部屋や共用部、エントランスを魅力的にリノベーションし入居者に向けたプロモーションををしっかり行うことができれば、十分に勝算はあると思います。 

賃貸住宅戸数と空室率の推移

人口と空室の推移1.jpg

日本の人口の推移と将来人口 

人口と空室の推移2.jpg 

 割れ窓理論と共用部 詳細はこちら

2・6・2の法則マンション管理篇はこちら

 

入居者に向けたプロモーションに関してのお問合せはこちらからお願い致します。

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダショウジカブシキガイシャ)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
TEL(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
お問合せ・ご質問はこちらへどうぞ(必須)
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

▲このページのトップに戻る